出版・メディア

定価:1,980円(税込)

発行日:2020年5月25日
A5判/180頁
ISBN:978-4-7931-2561-4

税務研究会出版局様より「グループ通算制度「勧める・勧めない」の税理士の判断」を出版いたしました

出版社:税務研究会出版局

あいわ税理士法人 編
税理士 佐々木 みちよ
税理士 永沼 実

令和4年4月1日以後に開始する事業年度から、現行の連結納税制度を見直し、グループ通算制度へ移行することとされました。
グループ通算制度は、完全支配関係にある企業グループ内の各法人を納税単位として、各法人が個別に法人税額の計算および申告を行い、その中で損益通算等の調整を行う制度です。
本書は、企業グループの規模別に、連結納税制度とグループ通算制度を比較しながら、その活用方法を解説することに主眼を置いています。

ここがポイント!

連結納税制度からグループ通算制度への移行は、クライアントにとって導入の契機になることはもちろん、取りやめるチャンスでもあります。
税理士としてのその判断に重点をおいた一冊です。

ページTOPへ

IPO支援企業のご紹介

TAX TOPICS 税務トピックス

あいわ税理士法人からのお知らせ

あいわFAS株式会社

あいわシンガポール

あいわ税理士法人

〒108-0075
東京都港区港南2-5-3
オリックス品川ビル4F
TEL.
FAX.
03-5715-3316
03-5715-3318

お問い合わせ

パートナー企業

PRONET(株)プロネット

(株)ビジネス・アソシエイツ

SSL グローバルサインのサイトシール