連結納税/組織再編プロジェクトチーム|連結納税シミュレーション/連結納税シミュレーションとは|あいわ税理士法人

ホーム  >  連結納税シミュレーションとは

連結納税シミュレーション

連結納税シミュレーションとは

  • 連結納税シミュレーションとは
  • 事例紹介
  • サービスの流れ

連結納税シミュレーションにおいては、連結納税制度や組織再編税制の効果的な適用が極めて重要です。

連結納税採用の可否は、グループ各社の利益予測・欠損金の解消予定または切捨の有無・時価評価対象資産の有無・資産の売却予定など様々な点を総合的に判断して決定されなければならず、専門的な知識を必要とします。
一見、連結納税採用のメリットが無いように見えても、詳細なシミュレーションを行うことで、そのメリットが発見されるケースがあり、もちろんその逆のケースもあります。

また、連結納税と組織再編を効果的に組み合わせることで連結納税採用のメリットを享受できるケースもあるため、知識だけではなく、豊富な経験も必要とされます。
あいわ税理士法人では、企業グループ全体で税金をマネジメントするという視点で「連結納税シミュレーション」サービスをご提供しております。連結納税や組織再編などの手法を活用して、グループ全体での税負担の軽減に貢献するために、連結納税採用の可否判断に資する材料や組織再編スキームをご提供いたします。

連結納税や組織再編は、一部の大手上場企業だけのためのものではありません。
実は、グループ企業数が2社~5社のオーナー同族企業においてこそ、その効果を大いに発揮するケースが意外に多いのです。

ページTopへ