ホーム  >  相続贈与チーム|相続対策の方法

相続贈与チーム 個人の方で、遺産分割や相続税に関するお悩みがある方

相続対策の方法

  • あいわの相続対策
  • 相続対策の方法
  • サービスの流れ

争続対策

申告書の提出期限が迫っているのに、いまだ遺産分割協議がまとまらない

遺言書がない場合、相続人が集まって、話し合いによって相続財産をわけることになります。この遺産分割協議がスムーズに進めば問題はありませんが、仲の良かった兄弟・親子が相続をきっかけに疎遠になってしまったということは本当によくある話です。悲しい話ですが、金銭が絡むと身内でもトラブルが生じてしまうというのが現実なのです。

争続対策は、誰にどの財産を相続させるかを事前に検討しておくことにより、スムーズな遺産分割を実現するための対策です。

対策例

  • 相続財産の棚卸しと整理
  • 遺言書の作成
  • 不要資産の処分・整理
  • 共有不動産の整理
  • 生前贈与 など

対策例

ページTopへ

節税対策

予想以上に多額の相続税が発生してしまった・・・

相続税は相続財産の金額に応じてかかります。当然、相続財産が多くなればなるほど相続税も多くなるということです。

相続税を減らすためには、「相続財産の評価を下げる」か「相続財産を減らす」しか方法はありません。しかしながら、税金を減らすことだけを考えすぎて、無意味に財産を放出したり、本当に資産価値を毀損してしまっては、本末転倒です。

「節税対策」は、準備不足や知らないがゆえに相続税を多く支払うこととなる事態を避けることにより、みなさまの財産を守るための対策です。

「相続財産の評価を下げる」には
  • 土地の評価を下げる
  • 自社株式の評価を下げる
  • 相続税が安くなるような遺産分割を行う など
「相続財産を減らす」には
  • 贈与税の基礎控除110万円を活用した生前贈与を行う
  • 相続財産が増えていく収益物件(マンションなど)を
    生前贈与で移転する
  •  
  • 今後、評価額が上がりそうな財産を相続時精算課税を
    活用して生前贈与する など

ページTopへ

納税対策

手元資金がないため納税をすることができない

相続税が発生するほど財産はあるのに、納税資金がない・・・ このような事態になるのはなぜでしょうか。

それは、財産のバランスが悪く、現預金や短期的に資金化できる財産がないためです。
たとえば、相続財産のほとんどが、処分できない自宅などの不動産や自社株式などで、これらの財産の評価額が高いために相続税が多額に発生するケースなどでは、事前の納税対策が欠かせません。

納税対策は、将来の相続税額を把握したうえで、資産ポートフォリオを最適化し、納税資金を確保するための対策です。

対策例

  • 生命保険の活用
  • 資産の運用方法の変更
  • 金庫株の活用
  • 不動産の売却による資金化
  • 物納制度を活用
  • 代償分割 など

ページTopへ