連結納税/組織再編プロジェクトチーム|連結納税・組織再編実行サポート/実行サポートとは|あいわ税理士法人

ホーム  >  実行サポートとは

連結法税・組織再編実行サポート

実行サポートとは

  • 実行サポートとは
  • 事例紹介
  • サービスの流れ

連結納税の採用には、いくつものハードルがあります。

実際に連結納税を採用する場合には、検討段階のシミュレーション以外にも、導入段階、運用段階のそれぞれの段階で、それまでとは違う作業や処理が必要となってきます。あいわ税理士法人では、連結納税のあらゆる場面での実行サポートをご提供いたします。

連結納税導入支援サービスとは?

連結納税を導入する場合、一定規模以上の大会社であれば、会社自身で連結納税システムに関するソフトを導入し、それを会社の経理部門を中心に運用していくケースが一般的です。この連結納税の導入に際しては、会社として主に以下の事項を行う必要がありますが、これらの事項をスムーズに、また、ミスなく行うために当法人の連結納税導入支援サービスをご活用ください。

  • 連結納税ソフトの選定
  • 連結納税ソフトのマスタ構築、カスタマイズ
  • 連結納税ソフトの使用方法の習得およびグループ子会社への教育
  • 連結納税に関する知識の習得およびグループ子会社への教育
  • 連結納税を考慮した税効果計算から連結納税申告書提出までのスケジューリング
  • 連結納税開始前の効果的な組織再編についての検討
  • 連結納税開始時の時価評価の検討   Etc

連結納税申告書作成・レビューサービスとは?

連結納税の申告書は通常の単体納税の申告書と異なり、難解な部分が多々あり、また、その計算ロジックも複雑です。
したがって、会社で申告書を作成できない場合には、申告書の作成そのものを請け負うこともできます。
また、会社で申告書を作成する場合でも、連結納税制度に精通した税理士がレビューを行うことにより、申告書の間違い等を防ぐことができます。

組織再編申告書作成・レビューサービスとは?

組織再編を行った際に作成する税務申告書は、通常の申告書とは違う特殊な別表処理が必要になります。また、税務関係の届出に関しても、組織再編を行った際のみに提出するものがあります。
この別表処理を誤ってしまったり、届出を忘れてしまうと、課税所得の計算ミスや地方税の計算ミスに繋がる可能性があります。
当法人がこれらの申告書・届出書の作成を行うことにより、税務リスクの排除に貢献します。

ページTopへ